幼児教育

【2020年版】スマイルゼミ幼児コースの口コミ。入会するメリットとデメリットは?

スマイルゼミ幼児コースの口コミ、入会するメリット・デメリットをまとめました。

◆スマイルゼミ◆の体験会参加後、すぐに入会を決めた我が家。

タブレット学習の中でも特に人気のスマイルゼミですが、

スマイルゼミって子どもが毎日続けらるか心配ではありませんか?

スマイルゼミに入会するメリットとデメリットが気になりませんか?

安くない受講費を払っても損しないか不安になりませんか?

この記事ではこんなことが分かります。

  • 我が家の娘(年少で年中コース先取り受講中)のリアルな学習の様子
  • スマイルゼミに入会するメリットとデメリット

我が家の娘はスマイルゼミのタブレットが届いてから約1か月、毎日欠かさず学習を続けています。

寝起きの朝食前にスマイルゼミで学習する日もよくあります。

そのくらい、子どもにとっては魅力的でどんどん学びたくなる楽しい教材と言えますよね。

最後まで読めばスマイルゼミ幼児コースの体験談と入会するメリット・デメリットがわかっちゃいますよ。

\気になったらまずは資料請求から/

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

我が家のスマイルゼミ幼児コースの口コミ

スマイルゼミ幼児コースは毎日続けられる?

娘は、タブレットが届いてから毎日欠かさず学習しています。

これは、私たち親が促して学習しているのではなく、自ら進んで学習しているのです…!

朝起きてすぐにスマイルゼミをする日もよくあります。

これには本当に驚きました。

友人の子ども(小学3年生)もスマイルゼミを受講していますが、同じように毎日楽しんで学習をしていると話していました。

スマイルゼミには、子どもたちが楽しく学習できる仕組みがある言えますよね。

学年先取り受講しても難易度は高すぎない?

娘は現在年少で、年中コースの先取り受講をしていますが、たまに難しいと感じる問題があるようです。

スマイルゼミ幼児コース(年中)の中で娘が苦手なまなびは、次の二つです。

  1. なくなるとどうなるかな
  2. なぞってすすもう

まず、「①なくなるとどうなるかな」は以下のような問題形式。

これは、問題の意図を理解することがまだできないようでしたが、夫が丁寧に教えてあげると正解することができました。

次に「②なぞってすすもう」は以下のような問題形式。

これは、迷路の問題ですね。

これは先月の問題に比べて明らかにレベルアップしています。

先月の問題はこちら↓

どうですか?

今月の問題は道が複雑になってよく考えながら進まなければならないですよね。

急なレベルアップに娘がついていけず、私に珍しく助けを求めたのでした。

一か月分の学習内容は9月度の場合以下の内容でした。

このうち、娘がてこずったのは「なくなるとどうなるかな」の一つだけで、それ以外は一人でも学習できていました。

娘は、一学年先取り受講をしていますが今のところ難易度はちょうど良いくらいのようです。

スマイルゼミの料金プラン

我が家は1年分を一括で払いました。

初回はタブレット代金もかかるので、合計で49,394円でした。

決して安くはないですよね…!!!

毎月払い、六か月一括払いも選択できますが、当然一年分を一括で払ったほうが月額料金は抑えられます。

1年間続ける自信がどうしても持てない!!という場合は毎月または六か月一括払いも良いかと思いますが、長期で受講する前提ならば一年分一括払いをお勧めしますよ。

スマイルゼミに入会するメリット・デメリットは?

スマイルゼミのメリット

スマイルゼミはWi-Fi環境がなくてもあらかじめ問題をダウンロードしておけば、外出先で使用することができます。

電車や車の中、病院の待合室など出先の暇な時間も学習できるのがうれしいですよね。

我が家も娘が骨折時に整形外科の待合室スマイルゼミができたので、本当に助かりました。

スマイルゼミのデメリット

途中で飽きて退会してしまうと、以下の手数料が発生する可能性があります。

入会6か月以上、12か月未満で退会の場合は専用タブレット代金6,980円[税抜]を請求

6か月未満で退会の場合は専用タブレット代金29,820円[税抜]を請求

入会するときは、解約時の手数料を理解した上で契約してくださいね!

スマイルゼミ幼児コースの口コミまとめ

我が家の娘はスマイルゼミのタブレットが届いてから約1か月、毎日積極的に学習を続けています。

一年分を一括払いすると49,394円かかりますが、スマイルゼミは楽しく学習を続けられる仕組みなので我が家は今後も継続して受講しようと思います。

\気になったらまずは資料請求から/

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

最後までお読みいただきありがとうございました!twitterでブログの更新情報などを発信しています。是非フォローしてね(@meisa_mama_