エンタメ

海蔵亮太【愛のカタチ】歌詞の意味を解釈!あなたが教えてくれたこととは?

第61回 日本レコード大賞 新人賞を受賞した海蔵亮太(かいぞうりょうた)さん。

海蔵亮太

海蔵亮太さんが歌う【愛のカタチ】はネットでもかなりの話題になっています!

海蔵亮太さんは、2016年KWC(Karaoke World Championships)の日本大会にて約5,000人の中から男性部門で優勝して世界チャンピオンになり、その翌年にはデュエット部門で「海蔵亮太&齋藤伶奈」のコンビで出場し、何と大会史上初の2連覇を達成するというそんな異例のキャリアを持つシンガーです。

テレビ東京系列「THE カラオケ★バトル」、テレビ朝日系列「今夜、誕生! 音楽チャンプ」等の音楽番組へ定期的に出演し、並外れた歌唱力と丁寧な表現力で聴く人を魅了してきました。

そんな海蔵亮太さんが歌う超話題曲【愛のカタチ】の歌詞の意味を解釈していきます!

海蔵亮太【愛のカタチ】の歌詞意味を解釈

海蔵亮太

【愛のカタチ】は、今から約11年前、シンガーソングライターの中村つよしさんが実の祖父母の話を歌にした曲です。

中村さんの祖母は、アルツハイマー症に侵されてしまい、楽しかった日々や辛かった日々、笑い合った時間、友達の事や家族の名前、最後は自分の名前すら忘れてしまいました。

しかし、 驚くことに、先立ってしまった夫の名前だけは決して忘れることはありませんでした。 来る日も来る日も亡き夫を待ち続け、 最後は安らかに65年間連れ添った夫の元に旅立ったのです。 その祖母の「揺るぎのない愛」を孫である中村さんが歌にしたのが「愛のカタチ」で、2008年に作者自身の歌で発表されました。

そしてこの曲に出会い、心を動かされたシンガーの 海蔵亮太さんがカバーをしてデビュー

その後、日本全国を海蔵さん自身がメッセンジャーとして 様々な場所で歌い続けていく中、 この揺るぎのない愛の歌「愛のカタチ」はが人から人に心から心へ伝わっていったのです!

海蔵亮太【愛のカタチ】あなたが教えてくれたこととは

海蔵亮太さんは、インタビューでサビの「あなたが教えてくれたこと〜」のくだりは曲の中で一番深く心に刺さる部分だと話していました。

【愛のカタチ】は認知症を通じた家族愛がテーマです。

海蔵亮太さん自身も、祖父が認知症で入院し他界されましたが、海蔵亮太さんは死に目に合うことが出来ず到着した時にはもう火葬されていました。

しかし、海蔵亮太さんの姉兄は火葬されるまでの間【愛のはカタチ】をずっと流して、祖父の傍に海蔵亮太さんの歌声を一緒に居続けさせてくれたのです。

海蔵亮太さんは、そのような自身の経験があったことで【愛のカタチ】を歌ってきた分、色々な実体験とこの曲が重なる部分が日に日に増え、祖父が亡くなった今この曲を更に大切に歌っていきたいと感じられたと話しています。

あなたが教えてくれたことは、他界した祖父が教えてくれた家族愛や人間愛を指していると感じました。

海蔵亮太【愛のカタチ】愛なんて似合わないけどとは

海蔵亮太

 

海蔵亮太さんはインタビューで、【愛のカタチ】は認知症がテーマになっているので、重く歌おうと思えばすごく重い歌になるけど、それよりもこのテーマを通して「家族の在り方」とか「家族の大切さ」を伝えていくラブソングとして解釈していると話していました。

日本では「愛」を相手に伝えることが苦手と感じる人が多いですよね。

心の中では愛しているのに、相手に伝えるとなると恥ずかしさを感じたりするものです。

「愛なんて似合わないけど」という歌詞からは、『愛』という言葉に恥かしさを感じながらも、それでもやっぱり愛しているという心の中の本当の思いが感じられました。

愛なんて気恥ずかしい言葉は似合わないけど、直接はうまく伝えられないけど、心の中で思いは繋がっているという表現がされた歌詞ですね。

海蔵亮太がホスピタルプリンスと呼ばれる理由

海蔵亮太

海蔵亮太さんはホスピタルプリンスと呼ばれています。

その理由は、認知症になった祖父がお見舞いに行ったとき、音楽がなくてさみしいと感じ、みんな音楽は好きなはずだと思い慰問コンサートを始めたからです。

現在、全国から慰問コンサートの依頼が殺到している海蔵さん。

これからも日本中に素晴らしい歌声を届けてほしいですね。

海蔵亮太【愛のカタチ】を聞きたい!楽曲(動画)は

海蔵亮太

海蔵亮太さんの【愛のカタチ】の楽曲(動画)はこちらから聴くことができます!

海蔵亮太【愛のカタチ】楽曲(動画)リイシュー盤

【愛のカタチ】のリイシュー(再生産)盤の楽曲(動画)はこちらから聴くことができます!

リイシュー盤は映画「カメラを止めるな!」での名演のほか、TVCMなどで脚光を浴びている女優どんぐりさんが登場し、インパクトと感動が混在する笑撃作です。

笑いあい、涙ありのリイシュー盤も必見ですよ!

海蔵亮太【愛のカタチ】の歌詞意味を解釈まとめ

海蔵亮太さんが歌う家族愛、人間愛あふれた歌【愛のカタチ】。

海蔵亮太さんは、自分が毎日楽しく歌うことが最も大事なことで、聴いてくださる方にもっと楽しんでもらう為にはどうしていくべきかを考えることが今一番やらなければならないことだと話しています。

「自分はこうしたいんだ、こう歌いたいんだ」という、幼稚園児が抱くようなシンプルな感情を持ち続けてこれからも素敵な歌声を届けてほしいですね!