ラク家事

片付けが苦手な人の特徴5つ。片付け上手になるためのコツは?

片付けが苦手な人の特徴5つと片付け上手になるためのコツをまとめています。

 

突然ですが、私めいさは元整理収納アドバイザーで、個人のお宅で片付けレッスンをしてきた経験があります。

キッチンやクローゼットのご相談が多く、上手く片付けられずに悩んでいるお客様を見てきました。

私も上手く片付けられない気持ちがよくわかります。

子育てをしていると、特に子どものものがあっという間に増えるんですよね…。

衣類はもちろんですが、保育園や学校で作ってきた工作品といった思い出の品。

あっという間に増えるので、もともと片付けが得意でない人は拍車をかけて苦手意識が強くなってしまうものです。

 

 

私が整理収納アドバイザー時代に見てきた片付けが苦手な人の特徴と、片付け上手になるコツを紹介していきますね。

片付けが苦手な人の特徴5つ

それでは片付けが苦手な人の特徴5つを詳しく説明しますね。

1.「いつか使うかも」と取ってあるものが大量にある

片付けが苦手な人はもらったシャンプーの試供品やショップのノベルティグッズを大事に大事に取っておく傾向があります。

理由は「いつか使うかもしれないから」

残念ですが、その「いつか」はほぼ来ません。

でもやっぱり「いつか来るかもしれない」と考えてしまい、なかなかその考えクセから抜け出せないのです。

 

2.片付け上手=収納グッズを買う と思っている

片付けが苦手な人は収納グッズが大好きで、収納グッズがあれば部屋が片付くと考えしまう人がとても多いんです。

片付けに必要なのは、収納グッズを買いそろえることではなく、不要なものの捨てるスキルです。

収納グッズがあっても部屋を正しく片付けることはできません。

 

3.無料でもらえるものはとりあえずもらいたい

「無料」ものが配られていたら、もらっておかないと損する気持ちになっていませんか?

無料のものをもらうことを否定するわけではありません。

ただ、無料のものは本当にあなたにとって必要なものなのでしょうか?

結局家に帰ってからゴミになっていませんか?

 

みんな「損」したくないから、「つい」もらってしまうんですよね。

しかし残念ながら、「無料」という理由でもらったものは有効活用されずにゴミ箱行きという場面が多いのが現実です。

 

4.トイレットペーパーの買い置きがないと不安

片付けが苦手な人は、ものを買いだめすることが好きな傾向があります。

トイレットペーパー、ラップ、アルミホイル、ティッシュペーパー、歯ブラシ…。

挙げたらキリがありませんが、買い置きオバケがいる家庭は案外多いのです。

そして、買い置きオバケがいる家庭は「片付かないんです~」と悩んでいるパターンがほとんどです。

 

5.似たデザイン、似た色の服を何着も持っている

タンスやクローゼットの中に、同じような服が何着もありませんか?

気がついたらバーゲンで似ている服を買い足していませんか?

タンスやクローゼットの中に服を詰め込んでいて、手持ちの服を把握できていない人はこの行動を繰り返します。

夏のバーゲンで「あ~同じような服買っちゃった~」と言っていた人が、今度は冬のバーゲンで全く同じことをしてしまうのも、片付けが苦手な人によくある話です。

 

片付け上手になるためのコツは?

では、片付け上手になるためのコツを紹介していきますね。

1.「いつか使うかも」の「いつか」は来ないと考える

この言葉をすんなり受け入れてくれる人は少ないです。

そもそも日本人には「もったいない」精神が根付いているので、

もったいない+いつか使うかも

のダブルコンボで意識を変えるのが大変なんです。

まずは一度で良いので「いつかは来ない」を受け入れてみて、自分で検証してみるのがオススメです。

 

2.収納グッズを買うのは最後

いくらテレビやSNSで収納グッズが話題になっていても、決して先に収納グッズを買ってはいけません。

先に買った収納グッズがゴミになってしまう可能もあります。

「不要なものをなくしてから最後に収納グッズを購入する」は上手く片付けるための鉄則と言えます。

 

3.無料でもらうのは本当に必要なものだけにする

「無料」の言葉に惑わされず、自分の胸に手をあてて「本当に今後使うのか?」を考えるクセをつけましょう。

冷静になって考えると、使うかどうかの判断ができるようになりますよ。

 

4.買い置きがなくても死なない

トイレットぺーパーはよっぽどのことがない限りいつでも買えます。

コンビニにも売っています。

買い置きがなくても死にません。

大量の買い置きが収納空間や生活空間を無駄に使っている、という現実に気づくべきでしょう。

 

5.服は自分が把握できる量にとどめる

同じような服を買ってしまう人は、タンスやクローゼットの中にどんな服があるかを把握することをオススメします。

もしくは、把握できるまでの量に服を減らすと良いでしょう。

タンスの肥やしになっている服がどれほどあるのか、一度確認しておくと無駄な買い物もなくなるはずです。

 

片付けが苦手な人の特徴5つと片付け上手になるためのコツまとめ

改めて、片付けが苦手な人の特徴5つと片付け上手になるためのコツをまとめます。

 

1.「いつか使うかも」と取ってあるものが10個以上ある

 「いつか使うかも」の「いつか」は来ないと考える

 

2.片付け上手の第一歩は収納グッズを買うところから始まると思っている

収納グッズを買うのは最後

 

3.無料でもらえるものはとりあえずもらいたい

無料でもらうのは本当に必要なものだけにする

 

4.トイレットペーパーの買い置きがないと不安

買い置きがなくても死なない

 

5.似たデザイン、似た色の服を何着も持っている

服は自分が把握できる量にとどめる

 

片付け上手になれるように、一度チェックしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

twitterでブログの更新情報などを発信しています。

是非フォローしてね(@meisa_mama_)♪