子育て

一人っ子はかわいそうじゃない!Twitterに寄せられたメリットをたくさん紹介します!

一人っ子育児をする方に教えたい、Twitterに寄せられた一人っ子のメリットを紹介していきます。

我が家は4歳の娘が一人います。

兄弟を作ってあげたかったのですが、二人目不妊だったためその夢は叶いませんでした。

本格的な不妊治療をする予定はなかったので、我が家は一人っ子でいこう!という結論に。

ただ、私自身も夫も兄弟がいるので一人っ子の良さが正直わかっていませんでした。

そこで、Twitterで『一人っ子って最高エピソード』を募集したところ、驚くほど多くの意見が集まったのです!

一人っ子は全然かわいそうなんかじゃない!

この記事を読めばきっとそう思えるはずですよ!

 

こんな人に読んで欲しい記事です。

一人っ子の子育てに不安を感じている

一人っ子の良さを知りたい

一人っ子はデメリットが多いと思っている

 

一人っ子パンダと親パンダのかわいいTシャツを見つけちゃいました!

GIFTEEさんでは、かわいいパンダの親子ペアTシャツが購入可能♪

一人っ子パンダちゃんが、親パンダの前に仁王立ちしているデザインなどデザインも豊富で出産祝いのプレゼントにもぴったりですよ。

 

一人っ子側のリアルな意見。ココが最高!

それでは早速、Twitterよ寄せられた一人っ子育ちの方の『一人っ子のココが最高!』というリアルな意見を紹介します。

  • 親からの愛情など全てを独り占め出来る
  • 「お下がり」という概念がない
  • 経済的に余裕があるので物事に挑戦しやすい
  • 親の愛を誰かと比べて不安になることがない
  • 家で思う存分好きなことができる
  • 家の中で競争がないので一人遊びが上手になる
  • 個人部屋が与えられる
  • 好きなおかずやおやつを取られない
  • 自分で考えて時間をうまく使う習慣が身につく
  • 兄弟と比較されない
  • 相続で揉めない
  • 大人と接することが多いから大人との距離の取り方がうまい

 

私の予想以上に多くのメリットを知ることができました。

特に多かった意見は

①経済的に余裕が出る

②相続で揉めない

でした。やはりお金の悩みを抱える人は多いです。

子どもが一人だど、お金の問題も発生しにくいことは大きなメリットと言えますね。

また、一人っ子は自己中心的で社会性がないと言われることもありますが、社会性は人間関係は家庭以外の場所で学ぶことができますし、兄弟がいても周りに気遣いができない人もいます。

一人っ子だから、というのは理由にはならないですし、成長の中で関わるコミュニティで人間関係を学び構築していくのでそれほど心配する必要ありません。

 

一人っ子のココが最高!親側の意見

次に、親側意見です。

  • 経済的に余裕が出る
  • 精神的も余裕があり優しく接することができる
  • 子ども一人のことだけを考えていれば良いので楽
  • 授業参観や運動会はゆっくり見ることができる
  • 子供一人だけの学校の予定のみを考慮すれば、旅行の予定が立てやすい
  • 遊びに行くにも何をするにもその年齢&興味にドンピシャなものを選べる
  • 出かける時、子ども一人だと身軽
  • PTA役員が一人分で終わる

 

授業参観やPTA役員など、学校に関わるメリットは盲点でした。

子ども一人のことに集中できるというのは、親の心にも余裕がでるのでイライラせずにすみますよね。

 

実際に一人っ子は増えているの?

内閣府によると、夫婦が実際に持つつもりの子供の数(平均予定子供数)も、2.07人に低下しているとの報告があります。

国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第14回出生動向基本調査(夫婦調査)」(2010年)によると、夫婦にたずねた理想的な子供の数(平均理想子供数)は、前回の第13回調査に引き続き低下し、調査開始以降最も低い2.42人となった。また、夫婦が実際に持つつもりの子供の数(平均予定子供数)も、2.07人に低下している。

理想の子供数を持たない理由として、最も多いのが、「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」(60.4%)であり、年代別にみると、若い世代ほど割合が高くなる傾向がみられる。次に多いのが、「高年齢で生むのはいやだから」(35.1%)であり、年代別にみると、年代が高くなるほど、割合が高くなる傾向がみられる。なお、理想子供数が3人以上で、予定子供数が2人以上の夫婦については、71.1%が、理想の子供数を持たない理由として「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」を挙げている。

出典元:内閣府

様々な理由で子どもを持たない家庭、一人っ子の家庭、兄弟のいる家庭、いろんな家庭があります。

大切なのは、子どもの数ではなく、それぞれが幸せな人生を送ることです。

どんな家庭でも、その家庭なりの幸せの形を見つけていきたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

twitterでブログの更新情報などを発信しています。

是非フォローしてね(@meisa_mama_